Headline

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FireroxはだんだんとIEを圧倒しているらしい


   ∧_∧
  ( ´∀`)< シェアではIEに続いてるけど・・・・
  (    )
  | | |
  (__)_)









FirefoxはIEを倒せるかもしれない  - ITmedia アンカーデスク
 欧州のWindowsユーザーが好きなブラウザを選べる「Webブラウザ選択画面」が数週間前に始まったばかりだが、Microsoftは既にライバルに市場シェアを奪われている。

 同社のInternet Explorer(IE)は最も認知度が高く、大半のユーザーに利用されているようだが、ゆっくりと潮目が変わってきている。例えば同社の圧倒的な市場シェアは、競合ブラウザが入手しやすくなったことで圧迫されている可能性がある。

 この傾向が続けば、ブラウザ選択画面を義務付けた欧州連合(EU)の決定の結果、最も勢いを伸ばすのはMozillaのFirefoxかもしれない。Firefoxは世界で2番目に人気のあるブラウザで、その上にいるのはIEだけだ。

 Firefoxの市場シェアはIEをかなり下回るものの、EUは主要国の集合で、数億人のユーザーがいる。IEからFirefoxやほかのブラウザへ乗り替えるユーザーが増えれば、IEのシェアが倒せるレベルに下がってくるのにそう時間はかからないはずだ。その時こそFirefoxにはチャンスだ。

 MicrosoftがFirefoxを恐れるべき10の理由を以下に挙げる。

1. 既にかなりのシェアがある

 Firefoxがほかの小さなライバルと同様にわずかなシェアしかなかったなら、IEを倒せる可能性は非常に低いだろう。だが、実際は違う。Firefoxは現在、ブラウザ市場で20%を超えるシェアを持っている。Microsoftが欧州ユーザーに好きなブラウザを選べるオプションを提供せざるを得なくなったことで、Firefoxのシェアは日に日に増えている。同ブラウザがシェアを拡大し、欧州ユーザーを取り込むほど、Microsoftにとっては危険な存在になっていく。

2. 多彩なアドオン

 Firefoxの魅力の1つが多数のアドオンだ。ユーザーはビジネスインテグレーションからソーシャルネットワークまで、ブラウザの機能性をデフォルトの状態から大幅に拡張してくれるアドオンを簡単に見つけられる。アドオンを見くびってはいけない。ユーザーがアドオンに価値を見出したら、Firefoxから離れることはないだろう。アドオンは、Microsoftがユーザーを失いつつある中で、大きなアドバンテージだ。

3. オープンソースである

 平均的なユーザーは、Firefoxがオープンソースであることを気にしないかもしれないが、これは重要なポイントだ。オープンソースソフトはクローズドなアプリケーションよりも優れていると多数の人が考えている。コミュニティー全体で1つのソフトを改良できるからだ。IEのようなクローズドなソフトはまったく違っている。Microsoftだけが改良できるクローズドなソフトなので、多数の開発者の力で改善してもらえるという恩恵を受けられない。IEは多数のハッカーの標的にもなっている。

4. セキュリティが強固

 ハッカーといえば、Firefoxはライバルの大半と比べて比較的セキュリティが強固だと称賛されている。これは重要な特徴だ。IEユーザーのほとんどが抱えている主な問題の1つが、セキュリティのお粗末さだ。それに、Microsoftはセキュリティ問題が起きたときに、ソフトをアップデートするのに時間をかけすぎる。Firefoxにはそのような問題はない。オープンソースコミュニティーの膨大な知識を活用して、より積極的にアップデートしている。さらにコア設計が優れているため、IEよりも本質的にセキュアだ。セキュリティを求めているなら、Firefoxは悪くない選択肢だ。


2010年03月26日 07時00分 更新
5. 速い

 Firefoxの最近のバージョンで、Mozillaは高速化に成功している。これは明らかに、超高速なGoogle Chromeブラウザの影響だ。Firefoxの最近のバージョンは目に見えて速くなっており、以前のバージョンよりも効率的にWebページをロードする。もちろん、それはFirefoxをダウンロードしなければ分からない。だが同ブラウザが速いと分かれば、ユーザーは使い続けるだろう。

6. 評判がよく、信頼されている

 Firefoxはブラウザ界でとても評判がいい。セキュリティ問題にばかりスポットライトが当たっているように見えるIEとは違って、信頼性が高く、安全で、万能な優れたブラウザだと考えられている。これは明らかに、「IEよりもいいブラウザはあるだろうか」と思っている欧州のユーザーを取り込む上で有利に働く。オンラインの世界では信頼がすべてだ。今のMozillaはかなりの信頼を獲得している。

7. ブラウザ選択画面で有利な位置に

 Microsoftのブラウザ選択画面のデザインのおかげで、Firefoxは同ブラウザをダウンロードしたいと思っているユーザーにとって、手に入りやすい位置に置かれている。Windowsに選択画面が現れるときに、Firefoxは目立つように表示される。これはFirefoxがユーザーを引きつける役に立つ。知名度とこのデザインにより、同ブラウザは選択画面での有利な配置に容易に便乗できる。

8. 専門家に好まれている

 ブラウザに関しては、専門家が成否に大きく影響することを忘れてはいけない。Mozillaにとってはラッキーなことに、Firefoxは専門家の間で最も好まれているブラウザの1つだ。彼らは、初心者にどのブラウザがいいか聞かれたときに、確実にFirefoxの名前を挙げるだろう。アドバイスを受けた初心者ユーザーはその後、Windowsでブラウザを選ぶときに、専門家の話を思い出して、Firefoxを選ぶかもしれない。Firefoxの成功の一端は、IEではなく同ブラウザを使うことに価値を見出した専門家のおかげと言える。今もその貢献は続いている。

9. 口コミ効果

 Firefoxの成功は、Microsoftのブラウザ選択画面からのダウンロードだけに限られない。この画面から入ってくるユーザーも増え続けるだろうが、ユーザーが家族や友人にFirefoxを勧める可能性も高い。ユーザーがFirefoxを気に入れば、ほかの人にも、IEなど今使っているブラウザを捨てて同ブラウザを使ってみるよう勧めるはずだ。こうした口コミは極めて重要だ。たいていの場合、シェア拡大に大きく貢献する。Firefoxが初めにリリースされたときも口コミ効果があった。今も貢献しないわけがない。

10. モバイル版ブラウザ

 Mozillaは最近、モバイル分野に強く攻勢をかけている。携帯電話でWebにアクセスするユーザーが増えていること、この先成功するには、そこに力を入れる必要があることを認識しているのだ。ユーザーがFirefox Mobileに満足すれば、デスクトップでも進んでFirefoxを使ってくれるかもしれない。Mozillaがこの目標を達成するには、モバイルベンダーと協力して、各社のプラットフォームにモバイルブラウザを提供する方法を見出す必要がある。Firefox Mobileはデスクトップ向けFirefoxほど重要ではないかもしれないが、Mozillaがモバイル市場でシェアを獲得すれば、どの分野でもプラスになるはずだ。









   ∧_∧
  〈 ´∀`〉< IEよりはFirefoxの方がいいと思う
  〈    〉
  | | |
  〈__〉_〉


だけどGoogleChromeよりは・・・・

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takoikatakoika.blog107.fc2.com/tb.php/56-b7fccaf9

 | HOME | 

Categories

Recommendation article

Access counter

Recent Entries

Monthly

Recent Trackbacks

Recent Comments






Explanation of this site

RSS

Access ranking

Explanation of this site

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。