Headline

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google「検問やめないなら撤退する」中国「検問はやめない」Google「じゃあ撤退する」中国「完全に間違っている」

   ∧_∧
  ( ´∀`)< いろいろと複雑
  (    )
  | | |
  (__)_)






Google撤退、中国政府は「完全に間違っている」と批判 - ITmedia News
 米Googleは中国語版インターネット検索サービスの拠点を香港に移動させた。世界最大のインターネット市場である中国に足場を残しつつ、検索結果の検閲をめぐる同国政府との論争を解決するための措置だ。

 だが中国国営の新華社通信によると、中国政府はこうしたGoogleの折り合いの付け方に納得していない様子だ。新華社通信は中国政府当局者の発言として、「Googleが中国語版検索サービスの検閲を廃止したのは、書面での約束に違反する行為であり、完全に間違っている」との見解を報じている。

 Googleは3月22日、中国本土向けのGoogle.cnサイトでの検索サービスの提供を事実上打ち切り、フィルタリングなしの香港の検索サイトにトラフィックをリダイレクトする措置を講じる一方で、今後も中国での研究開発や販売活動を継続する意向を明らかにした。

 ただし中国政府は「ダライ・ラマ」など、政治的にデリケートなトピックの検索をファイアウォールで遮断しており、こうしたファイアウォールを回避できない中国本土の一般的なWebサーファーにとっては、今回の変更はさほど大きな違いをもたらすことにはなりそうにない。

 今回の決定は、インターネットの自由や中国人民元の為替レート問題から、イランへの経済制裁、米国による台湾への武器売却まで、さまざまな問題をめぐり、中国政府と米国政府間の緊張が高まる中で下されたもの。

 「これで話が終わったわけではない。1つの章が終わったにすぎない。中国を悪者呼ばわりしておきながら、一方ではGoogleフォンを販売しようとしている。果たしてどうなることか、注目している」とBGC Financialのアナリスト、コリン・ギリス氏は指摘する。

 Googleは、中国で無検閲の検索サービスを提供するための許可をめぐる中国政府との協議が合意に至らなかったことを認めている。

 「中国政府はわれわれとの協議において、自主検閲は交渉の余地のない法的必要条件であるとの方針を一貫して明確にしてきた」とGoogleは22日、同社の公式ブログにコメントしている。

 Googleが中国語版検索サービスの提供を継続するための中国政府との協議が合意に至らなかったことについては、米国政府も失望感を表明している。

 米国務長官のヒラリー・クリントン氏は今年1月のスピーチで、世界中のインターネットは自由であるべきだと主張し、中国など数カ国を名指しして状況の改善を促した。上院では、オンラインの自由を促進するための議員連盟も結成されている。

 Googleは今年1月、同社のコンピュータに対して中国から高度なハッカー攻撃を仕掛けられたとして、世界最大のインターネットユーザー数を誇る中国市場から撤退する可能性を示唆していた。

 Googleは世界最大のインターネット検索エンジンだが、中国市場のシェアでは同国の大手検索エンジン百度(Baidu)に後れをとっており、Googleの中国での売上高は240億ドル近い同社の年間売上高のごく一部を占めるにすぎない。だが既に成熟した米国や西欧市場での成長が鈍りが見えるなか、Googleにとって中国市場は重要な成長のチャンスだ。

 Googleが1月に中国での検索結果の検閲を廃止する方針を明らかにして以来、同社の株価は6%以上下落しており、22日にはさらに2ドル50セント値を下げ、557ドル60セントで取引を終えた。一方、Baiduの株価は同じ期間に40%以上上昇しており、22日には10ドル7セント値を上げ、579ドル72セントで取引を終えた。

 Googleは、中国本土のユーザー向けに用意した簡体字中国語版の無検閲の香港のサイトに検索トラフィックをリダイレクトするという今回の措置について「完全に合法だ」とコメントしている。

 かつて英国領だった香港は現在中国の特別行政区の1つであり、検閲なしのインターネットなど、中国本土よりも多くの自由を享受している。

 ただしGoogleは、Google検索のほか、ニュースや画像の検索など、同社サービスへのアクセスを中国政府がいつでも遮断できることは認識している。

 在北京のReuters記者が試したとところ、google.cnへのアクセスは自動的にgoogle.com.hkに転送されたという。また反体制派作家の「リュウ・シャオボ」や「ダライ・ラマ」など、政治的にデリケートな単語で検索を行うと検索結果は遮断されるようになっている。







まとめると



Google「中国が検索結果の検閲を行うのが気に入らないので検問をやめないと撤退する」


中国「検問は中止できない」


Googleは中国本土向けのGoogle.cnサイトでの検索サービスの提供を事実上打ち切る



フィルタリングなしの香港の検索サイトにトラフィックをリダイレクトするという措置をとる。
でも今後も中国で販売活動や研究開発はする。


しかし中国政府はGoogle検索などのサービスへのアクセスはいつでも遮断できる。
このことについてはGoogleも把握している





で現在は


google.cnへのアクセスは自動的にgoogle.com.hkに転送される


さらに反体制派作家の「リュウ・シャオボ」や「ダライ・ラマ」など、政治的にデリケートな単語で検索を行うと検索結果は遮断されるようになっている。







   ∧_∧ キリッ
  ( ´∀`)< インターネットは自由であるべきだ
  (    )
  | | |
  (__)_)

まとめが間違ってたらごめんね




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://takoikatakoika.blog107.fc2.com/tb.php/51-1ebff269

 | HOME | 

Categories

Recommendation article

Access counter

Recent Entries

Monthly

Recent Trackbacks

Recent Comments






Explanation of this site

RSS

Access ranking

Explanation of this site

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。